『NARUTO -ナルト- 疾風伝』を見たので感想です!

『623話 諦めないド根性』

今回はどうなるのか(^0^)


【以前の記事】


以前の記事もあわせてご覧ください。
アニメ『NARUTO(ナルト)』622話感想!ヒナタたちの班が敵と対戦!



【感想】


始まりから敵の方は臭いを消してました。
逆に臭いそうな感じがしましたが…(^^;)


嗅覚がダメでもシノの虫で捜しました。
いたと思ったら違いました…

くじけそうになりますが、ナルトのことを思い出しやる気を出しました。


敵の方もキバたちが近付いていることに気付き、臭いをいろいろなところにまきました。
何気にあの太ったやつができる…


またもやくじけそうになるキバ…

修行の時の話になりました。
参頭狼もうまくいかなかったみたい。

ナルトを意識していたようですね。


そして、今の話に戻り、敵の方から攻撃が来ました。
やられてしまうキバたち…

でも、実は虫たちで平気でした!


戦いを始めるキバたち。
キバたちがおしてました!

そして、参頭狼の尾追い牙牙転牙(おおいががてんが)で敵を飛ばしました。

巻物もゲット!


ここで終わりました!
戦力としてはヒナタたちの方が強かった気がします。
でも、感知タイプの勝負って感じだったのかな。



【最後に】


今回も面白かったです。

次回は『テンテンの悩み』って気になる(^^)
またネジの班ですね!

次回も楽しみです!


⇒ナルトに関してはこちら(楽天市場)



【気になるアイテム】


【他の記事】
 カテゴリ

拍手[0回]

PR