『NARUTO -ナルト- 疾風伝』を見たので感想です!

『628話 呪いの人形』

今回はどうなるのか(^0^)


【以前の記事】


以前の記事もあわせてご覧ください。
アニメ『NARUTO(ナルト)』627話感想!いのの心伝身の術!



【感想】


始まりからサクラがたおれてしまいました…

そして、過去を思い出してました。
全ての器官、組織を再生する術、忍法『創造再生』

さらに『百豪の術』
でも、維持するのが大変みたいです(^^;)

そこで別に小さなダム(チャクラの貯め場所)を作ってました。

目を覚ますと、敵が現れてました。
何かヤバそうな相手…


サヤとかいうのがサクラといのを狙うため、残り二人はチョウジと戦闘開始。
サヤは傀儡使いでした…

しかも、『傀儡もどきの術』でいのが操られてしまいました…
心転身の術みたい(^^;)


その後、チョウジが優勢になりますが、サヤの術にかかってしまいました…

入れるのは一人のようですね。
いのが元に戻りました。

いのも心転身の術で入るがなかなか勝負がつかない。

サクラもいろいろ考えてました。


そして、場面が変わりサスケ!
大蛇丸もいてなつかしいころでした。

水月とかりんとの話でした。
サスケはこの二人に目を付けてたようですね。


再び、サクラの方でチョウジの攻撃が来るってところで終わりました。


カリンの過去がちょっと見れて良かったです。
やっぱり、展開が遅く感じますね…



【最後に】


今回も普通でした。
苦戦の連続ですね。

次回はどう切り抜けるのか。
次回も楽しみです!


⇒ナルトに関してはこちら(楽天市場)



【気になるアイテム】


【他の記事】
 カテゴリ

拍手[0回]

PR