『NARUTO -ナルト- 疾風伝』を見たので感想です!

『627話 山中一族・秘伝忍術』

今回はどうなるのか(^0^)


【以前の記事】


以前の記事もあわせてご覧ください。
アニメ『NARUTO(ナルト)』626話感想!チョウジの忍道…



【感想】


始まりから敵と遭遇…
あのきれいなアメノという人のチームでした。

いのが相手の『砂陣 シーサー』という術を受けてダウンしてました…
弱く感じる(^^;)


そして、戦闘に。
『医療水遁 ミズカマキリ』なんて術があるんだ。

カマキリみたいな手?足?で、きる感じ。


砂巌拳とかいう砂のけん玉みたいなハンマー?で攻撃してました。
もう少し、いい術なかったのかな…

砂がかたいみたい。

でも、いい勝負してました。
本来のサクラたちなら余裕な感じもするのだが…


そしてもう一人の仲間が『偏光砂陣 熱砂迷彩!』をしました。
さっきからよくわからない術ばかり(^^;)

すると敵が消えてしまいました…
透明になった?


苦戦するサクラたちですが、いのの感知能力のおかげで戦えてました。


相手は『医療水遁 ミズクラゲ』により、自動回復してました。

相手も感知を妨害してました。
『盲漠砂陣 ノイズ』

苦戦するサクラたち。


いのは『心伝身の術』のことを思い出してました。
わが身をもって、心を伝え合う術。

いのの『心伝身の術』が成功して、勝利しました!
でも、相手はダウンするのがはやかった(^^;)


その後、回復し合って別れました。
いのは大事なことに気付いた感じでした!

何かサクラの様子がおかしい…
何かあったのか…



【最後に】


今回も普通でした。
いい忍者たちでした(^^)

次回もサクラのチーム。
サスケが出てた…

次回も楽しみです!


⇒ナルトに関してはこちら(楽天市場)



【気になるアイテム】


【他の記事】
 カテゴリ

拍手[0回]

PR