最近もいろいろなニュースがありましたね。

高校軟式野球選手権の準決勝は、ものすごい戦いでした。


28日に始まった中京(岐阜)対崇徳(広島)戦は0対0のまま延長15回が終了。
翌日も15回、翌々日も15回、互いに譲らず
計45回を戦って0対0のまま4日目に突入しました。

31日、世界記録更新の46回表から再開され、
50回の3対0で計10時間18分続いた試合がようやく終わりました。


中京の投手が709球、崇徳の投手が689球
を1人で投げ切り、怪我や疲労は心配されますが、ものすごいですね!

よくここまで抑えられたと思います。


そして、同日の昼の決勝は2―0で中京が2年ぶり7度目の優勝を果たしたとのことです。
(一日に準決勝、決勝と2試合行った)

準決勝で投げた投手は、決勝では先発しませんでしたが、
四回途中から登板し、八回から6者連続三振を記録するなど、
安定した制球力で5回2/3を1安打無失点の好救援を見せるなど、すごい活躍です。 


すごい試合で熱かったですね!!
投げ過ぎではあるものの良い試合でした。


他には、盲導犬が刺される事件があったとのことです。
落書きなどのイタズラも結構あるらしく、
こんなことが起こるのは悲しいだけでなく、残念です。

市民が懸賞金100万円も用意という記事もありました。
寄付を受けて警察の懸賞金(特別報奨金)とすることはできないという話でしたが。。。
(ただ、寄付希望者が任意の団体を設立すれば懸賞金を出すことは法的に可能)


こういった事件は起こらなくなってほしいですね。





【気になるアイテム】


【他の記事】
 カテゴリ

拍手[0回]

PR