『NARUTO -ナルト- 疾風伝』
『620話 体術使いとして…』を見ました!

とうとうシラのことがわかるのか…


【以前の記事】


以前の記事もあわせてご覧ください。
アニメ『NARUTO(ナルト)』619話感想!シラが強い!でも、忍術が使えない?



【感想】


シラは忍術や幻術を使うスキルがほとんどなく、
体術しかできない忍か…

リーは手合せの時に気付いてたんですね。


そして、シラのことが話されました。
仲間はずれだったのか…

やっぱり、そういった人はいるんですね。


その後、我愛羅が風影になった。
子供の頃、一緒に遊んでたテマリの弟か。


そして、砂防が壊されていたことから我愛羅はシラと会い試すことに。
その結果、先代の定めた決め事を廃止して、シラは忍となりました。

我愛羅は似ているリーのことを思い出して、立派な忍になれることを話しました。

しかも、風影の体術指南役か。
だから、よく思ってない人たちもいるわけか…


リーはそのことを怒り、自分の過去のことを思い出してました。
何か額に穴あるクリリンみたいなやつがいる…
(こいつも体術使いかな?)


このころのネジは、何か嫌な言い方…

ガイはいいこと言う。
リーは『努力の天才』


そして、リーはとうとう前回裏切った忍と対面しました。

木の葉の美しきあおき野獣!ロック・リー!!

でも、幻術?をくらってやられていましたが、ネジたちが登場!
あっという間に勝てそうな感じに(^0^)

敵が『めちゃくちゃつえーぞ』って言ってたけど、敵が弱すぎるような気が…(^^;)


でも、シラはかばう…
それどころか巻物も裏切ったチームにあげようとするなんて…

『今の自分は問題じゃない。未来の自分が恥ずかしくなければそれでいい』


結局、向こうも巻物は受け取らず、負けたと言って逆に渡しました。
何か思うところがあったかな。


そして、リーはシラと戦いたいと言い出しました!



【最後に】


今回も面白かったです。
でも、やっぱり展開が遅くなった気がしました…

次回、ようやく戦いか!
次回も楽しみです!



⇒ナルトに関してはこちら(楽天市場)



【気になるアイテム】


【他の記事】
 カテゴリ

拍手[0回]

PR