私が何度も受けている情報処理技術者試験の応用情報技術者試験…

そしてHPを見ると『「応用情報技術者試験」午後試験における出題構成の見直しについて』という記事がありました。
(記事をはやく書きたかったのですが、遅くなりました…)

今回はそのことについてです。

【以前の記事】


以前の記事もあわせてご覧ください。
応用情報技術者試験に落ちてガッカリ。何やってたんだろ…(平成27年度春期)



【午後試験における出題構成の見直し】


応用情報技術者試験の午後試験における見直しの内容は以下でした。

・選択問題の統合
・選択問題の解答数を5問から4問に変更
・配点を20点に統一



適用時期が『平成27年度秋期試験から実施』と次の試験からです!


※ 詳しくは情報処理推進機構のページを見ていただけたらと思います。


それで結局、今までとの違いは何?って思われると思います。
ページにある別紙のファイルを見るとわかりやすいですが、そこまで見るのは正直面倒です。
(というか、そのファイルの内容を何で記事に貼ってないの?って思うところ…)


個人的に思った違いを書きたいと思います。



【現行との変更点】


左:今まで ⇒ 右:次回から

11問中6問解答 ⇒ 11問中5問解答。
問1:必須、問2、3:1問選択、問4~11:4問選択 ⇒ 問1:必須、問2~11:4問選択


つまり自分が選択しやすいようになったと思います。
今までなら問2、3の両方が苦手な方はどちらかを選択するしかないですが、今度からは問2~11の中からなので、今までの問2、3を避けることができます。


そして、何より個人的に大きいのは時間です。
時間は変更してなくて解答数が減ったので1問あたりに使える時間が増えます。


現:150 / 6 = 25
次:150 / 5 = 30

今まで25分なのが30分使えるのは大きいです。


個人的にいつも最後の6問目を解く時間がほとんどなくなってたので助かります。
配点にしても得意な問題が今までの16点の場合不利ですが、全て同じ20点になるので平等です。



【感想】


個人的には受験者にやりやすくなった印象がありました。

とはいえ午前問題は変わらないので午前を合格できないと午後が合格でも結局不合格なのですが。

そして、平成27年度秋期試験の受付ももうすぐ始まります。
(インターネット個人申込み:平成27年7月13日(月)10時 ~ 8月21日(金)20時)


次こそは合格したいと思います!
(春の合否確認してないですが、自己採点で午前不合格だからたぶん不合格)



【最後に】


少しですがやる気が出てきました!

合格した記事を書ければと思います。

また何かあったら記事にしたいと思います。



⇒応用情報技術者の本はこちら(楽天市場)



【気になるアイテム】


【他の記事】

拍手[0回]

PR